アイフォン速報

iPhone、Androidスマホの動向をまとめたり・・・IT、PC、ゲームなどの話題も。 iPhoneやAndroidの壁紙もあります。



1:2014/10/26(日) 21:56:11.99 ID:
Amazon評価は★2つ…Amazonのスマホ「Fire Phone」はなぜ失敗したのか

いま、アマゾンの「Fire Phone」はAT&T社で2年契約をすれば実質1ドルで購入できる。数カ月前に発売を開始した時は確か199ドルだったはずだ。7月の発売時点で1ドルにしておけば、ここまで失敗のレッテルを貼られる事もなかったかもしれない。

公式な販売数は公表しないものの、アマゾンが先日公開した第3四半期の報告では、1.7億ドルの損失を抱えており、これはFire Phoneの売上が下回ったことが大きな原因だとされている。そのなかでもアマゾンは8300万ドル相当の未発売のFire Phoneが売れ残っているとコメント。正直これは、相当な売れ残り数だろう。Fire Phoneには可能性があったし、収支ももとはとれたはずだ。

何より打撃を与えたのは提供した商品に対して高値をつけすぎたことだろう。アマゾンプライムの年間メンバーシップ(99ドル)をもってしても
良質なハードウェアに良質なアプリという顧客要望に応えられなかったのだ。Fire Phoneは実質アンドロイドのカスタムバージョンだが、搭載されているのは最低限の機能で、結果アマゾンがFireユーザーに提供できたのは小さなアプリストアとプリインストールされたソフトウェアのみだったということだ。

それにFire Phoneは、iPhoneやその他同価格帯のアンドロイド端末と比べるともろく、安っぽさも感じてしまう。

そうした短所を改善するためにアマゾンはFire Phoneに4つのカメラを搭載したカラフルで鮮やかなインターフェースを通じてホームスクリーンに「ダイナミックパースペクティヴ」と呼ばれる3Dのようなギミックを付けた。それだけでは終わらない。『Firefly』というカスタムアプリはアイテムにカメラを向けるだけで被写体となった製品をamazonの買い物カゴに入れることができるのだ。

しかし技術的には面白いアイデアだったものの、根本的な解決には至らなかった。ダイナミックパースペクティヴとやらにはさほど魅力を感じないし、
Fireflyに関しては広告を前面に押し出しているようで少々気味が悪い。アマゾンに掲載されているFFire Phoneの商品ページは3000以上もの評価が付いているが、“5つ星中2つ”と、ほとんどがマイナス評価だった。
http://wired.jp/2014/10/26/fire-phone-a-failure/
この記事の続きを読む ▼


1:2014/09/19(金) 14:40:50.75 ID:
otaku

ネット中毒、オタクになる原因はこれ

 「空気を読め」と言われても、透明で見えない。「人の顔色を伺え」と言われても、どの者も大差ない顔色。相手が変われば、態度を変えなくてはならないとか、時と場合によって応対を変えねばならないだなんて、こんなにも難しいことはない。にも関わらず、人とのコミュニケーションが少し苦手な人を「コミュニケーション障害」と嘲笑う心ない声は多く聞かれる。そう言われても、どうも上手くいかないのだ。生きづらく、ストレスを抱えやすいのだ。そんな人こそが読むべき本がある。

 精神科医・本田秀夫氏著『自閉症スペクトラム 10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体』(SBクリエイティブ)は、広く一般の人たちに「自閉症スペクトラム」についての理解を促進するべく書かれた1冊だ。「自閉症スペクトラム」とは、「臨機応変的な対人関係が苦手で、自分の関心、やり方、ペースの維持を最優先させたいという本能的志向が強い傾向」のこと。これまでの精神科では「発達障害」ばかりを扱っていたが、世界中の精神科医が共通の物差しとして使っている国際的な診断分類『精神障害の診断・統計マニュアル』の最新版(DSM-5)では、その予備軍にも目を向けている。「自閉症スペクトラム」という概念には、普通の日常生活を送っているが、日々ストレスを抱えている「予備軍」から、典型的な「自閉症」、「アスペルガー症候群」患者まで幅広い人を含めたグループをいう。本田氏によれば、この傾向を持つ者の割合は全人口の10%近くも存在。これまでの発達障害に対する認識が大きく転換されるのではないかといわれているという。

 たとえば、アナタ自身、こんな特徴を持っていないだろうか。

 Aさんは36歳男性。大学の工学部を卒業して、電機メーカーに就職した。真面目な性格で与えられた仕事は期日までにきちんとこなす。人づきあいはあまり得意ではないと自分では思っているが、会社の同僚に誘われれば、飲みにいくことは苦ではない。酔うと雄弁になるが、話が理屈っぽいため、女性社員から敬遠されがちだが、本人は気づいていない様子。学生時代からオーディオマニアで、特定のオーディオ雑誌を20年間欠かさず購読し、1冊も捨てることなく大事に保管している。

 本田氏はこのようなタイプの人を「自閉症スペクトラム」の傾向を持つ人だと述べている。

「自閉症スペクトラム」の人は、一見すると人なつっこくて積極的に人に関わりを求めるが、その関わり方がワンパターンで一方的。相手の反応に無頓着である場合が多い。顔と顔を付き合わせた人付き合いよりも臨機応変に調整するインターネットなどによるコミュニケーションのほうが得意である場合も多いようだ。一方で、「こだわり」がとても強い。好きな領域に関する機械的記憶に優れて、「◯◯博士」と呼ばれるほどになる場合も多い。成長するとともに、興味のある領域に関するマニアックな知識を身に付け、いわゆる「オタク」などと呼ばれるようになることもある。どうしても一番になりたいとこだわりを持つ者もおり、人との会話を遮り、いつも自分の自慢話が出てしまう特徴を持つ者もいる。

 「自閉症スペクトラム」は、特性であって、障害になる人とならない人がいる。自分がどういう傾向があるかどうか理解することが人とのコミュニケーションを成功させるための第一歩。別に自分は変わっていないのだ、こういう傾向の人はいるのだ。この本を読んで、自分のストレスの原因、いなし方を学べば、今まで人間関係で感じていた違和感がスッと晴れていく。少しでも生活しやすい人生を歩むために必読の1冊。

http://ddnavi.com/review/207552/?t=s
この記事の続きを読む ▼

1:2014/11/13(木) 21:30:01.73 ID:
CF-S10

パナソニックノートPC、バッテリー発火の恐れ
 
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141113-OYT1T50113.html
読売新聞 2014年11月13日 19時43分

 パナソニックは13日、ノートパソコン「レッツノート」のバッテリーが過熱し、発煙・発火する恐れがあるとして2011年7~12年9月に製造した16万4736個をリコール(回収・無償交換)すると発表した。

 今年5月に同じ不具合で4万3140個のリコールを届け出たが、他の製品で発火事故が起きたため対象を広げる。

 対象は「CF―S10」「CF―N10」「CF―SX」「CF―NX」「CF―H2」の5機種に使われている一部のバッテリー。今年8月以降、バッテリーから発火する事故が国内外で4件発生し、2人が指に軽いやけどを負ったという。

 バッテリーの製造過程で金属片が混入した可能性があるとしている。

 問い合わせは専用フリーダイヤル(電話番号はソースにて)。


===========================================
パナソニック、ノートPC充電池16万個追加リコール=回収対象を拡大
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date1&k=2014111300728
時事通信 2014/11/13-17:12

 パナソニックは13日、ノートパソコン(PC)「レッツノート」向けなどに製造したバッテリーに発火の可能性があるとして、2011年7月~12年9月に同社守口工場で製造したバッテリー16万4736個について新たにリコール(回収・無償交換)の対象にすると発表した。また同時期に製造し欧米などで販売したタブレット端末向けのバッテリー9万8520個についても新たに海外法人を通じ交換などの対応を行う。リコールによる業績への影響はないとしている。
この記事の続きを読む ▼

1:2014/10/04(土)19:22:59 ID:
ユリ・ゲラー

※自称・超能力者のユリ・ゲラー氏がiPhone 6を曲げる動画が公開されている。


ユリ・ゲラー氏は、70年代から80年代にかけて、日本でも「スプーン曲げ」の大ブームを起こした、超能力者を名乗る人物だ。若き日のゲラー氏は、パフォーマンスの巧みさとカリスマ性で、多くの信者を世界中に増やした。

Uri Geller doblando cucharas en 'Directisimo' (1975)


ゲラー氏はこれまで、世界中のテレビカメラや否定派の学者の前で、腕力を使わず、超能力で無数のスプーンを曲げたと主張してきた。もっとも、このスプーン曲げを超能力であると認めているのはゲラー氏本人だけのまま30年以上が経過し、今では彼の超能力者としての真偽を問う意味はあまりない。

9月に公開された動画は、ユリ・ゲラー氏がスプーンではなく、なんとiPhone 6を曲げるという。手始めにスプーンを超能力で曲げてみせたあと、ゲラー氏はホストから数台のスマートフォンを手渡される、どれも曲げづらいと怪訝な表情だ。そこで、数々あるスマートフォンの中でも、強度的に不安視されているiPhone 6に挑むと、なんとiPhone 6は曲がってしまったのだ。

Uri Geller Tries to Bend the iPhone 6


動画を見れば分かる通り、曲がるiPhone 6は明らかにCG加工された合成映像だ。これは、強度的に脆弱と評価されているiPhone 6を、彼自身が20世紀のトンデモカルチャーの代名詞としてセルフパロディを演じてみせた格好というわけだ。

しかし、ゲラー氏は別の場所で、話題のiPhone 6、6 Plusの折れ曲がり騒動について「購入した1000万人の興奮がエネルギーとなって超能力を呼び起こし、それがiPhoneを折り曲げた」などと余計なコメントを語り、さらに「アップルは自分を広報担当者として雇い入れるべきだ」「そうすれば、iPhoneが曲がったのはアップルの責任ではないと全世界に向かって説明してみせる」と発言、自らの営業活動にも余念がない。

ちなみに、ユリ・ゲラー氏は、現在もブラックベリー派なのだという。

トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/9325003/
この記事の続きを読む ▼

1:2014/11/02(日) 20:29:26.03 ID:
iPad Air 2、CPU・GPU性能でMacBook Airを上回る

厚さ6.1ミリ、現時点で世界最薄タブレットである「iPad Air 2」。筆者もその薄さと、Touch IDに惹かれて購入したが、良い意味でサプライズがあった。A8Xプロセッサのパフォーマンスだ。A7(iPad Air、iPhone 5s)に対してA8(iPhone 6/ 6 Plus)が際立った伸びではなかったため、A8Xにそれほど大きな期待をしていなかったのだが、単純にGeekbench 3のスコアを比べたら2011年頃のMacBook Airに比肩するものだった。

発表会での説明によると、A8Xは約30億個のトランジスタを搭載する。その時は比較がなかったためほとんど話題にならなかったが、iPhone 6のA8プロセッサのトランジスタは約20億個である。10億個の差が何に使われているのか。Geekbench 3のシステム情報によると、A8Xは「クロック動作:1.51GHz」で「3コア」だ。A8やiPad Airが搭載するA7は2コアである。

■Geekbench 3
A7(iPad Air) A8X(iPad Air 2) MacBook Air 11" 2011(Core i5-2467M)
シングルコアスコア 1425 1815 1887
マルチコアスコア 2574 4515 3531
シングルコアスコアも伸びているが、マルチコアスコアの伸びが圧倒的だ。
Geekbench 3によると、iPad Air 2はL2キャッシュが2MB、RAMは2GBだ (iPad AirはL2キャッシュ:1MB、RAM: 1GB)。
パフォーマンスの違いを生み出す基本スペックが向上している。
GPUについても、3D FuturemarkのスコアはA7(iPad Air)の15120に対して、A8X(iPad Air 2)は21778だった。
http://news.mynavi.jp/articles/2014/11/02/ipad_air2_review/
この記事の続きを読む ▼

1:2014/11/02(日) 09:06:16.51 ID:
http://www.yomiuri.co.jp/it/security/snews/20141031-OYT8T50180.html

求むバグ・ハンター・・・プログラム欠陥発見人

 プログラムの欠陥(バグ)を見つけてくれたら報奨金払います――。
IT企業が始めたそんな試みが注目されている。バグなどが原因で生じるセキュリティーの穴(脆弱性(ぜいじゃく))はサイバー攻撃の“突破口”となりやすく、その情報は攻撃者の間で高値で売買されている。そこで、攻撃者の手に渡る前に外部の目を借りて探しだし、修正しようというのだ。脆弱性が表面化することを嫌い、探す行為を犯罪視さえしてきた日本の風潮に、一石を投じられるだろうか。(編集委員 若江雅子)

   ■外部通報に報奨金も

 「攻撃者が先に穴を見つけるか、我々が先に見つけて塞ぐか。その攻防に外部の『目』を借りたいということです」

 東京のソフト開発会社・サイボウズの伊藤彰嗣さん(34)は、今年6月から始めた報奨金制度をこう説明する。自社の製品やサービスの脆弱性を見つけてくれた人に、その危険度などに応じて最大100万円の謝礼を提供する。これまで技術者や学生から200件以上の報告があり、約100件を脆弱性と認定、約810万円の支払いを決めた。

 報告を受けると、その内容を社内のチームで検証、修正プログラムを用意した上で公表する。制度導入後、外部からの通報は3倍以上に増えた。その対応も大変だが、「客から『そんなに欠陥が見つかるなんて、危ない会社なのか』と誤解されるのがつらいところ」(伊藤さん)。

 導入前には社内でも「会社の信用を落とす」との異論があったという。だが、伊藤さんらは「脆弱性を放置するより、積極的に見つけて直す方が安全なんだと理解してもらおう」と説得して踏み切った。

   ■サイバー攻撃激化背景に

 報奨金制度は国内では珍しいが、海外では何年も前から広がっている。

 米ソフト開発のモジラが2004年に始め、今ではグーグルやペイパル、マイクロソフトなども実施。発見者と企業を仲介する脆弱性報告サイトも次々登場している。中には1万ドル以上で買い取られる情報もあり、高額賞金を狙う「バグ・ハンター」と呼ばれる人たちもいる。

 企業が金を払ってでも脆弱性情報を入手しようとする背景にはサイバー攻撃の深刻化がある。

 「まだ存在を知られていない脆弱性を使うと、対策が講じられていないため攻撃が成功しやすい。このため脆弱性情報の価値が上がっている」とサイバーディフェンス研究所の名和利男理事はみる。自分たちがみつけた脆弱性情報を売買する闇サイトは名和氏が確認しただけで数千件あり、日本円で十数万~数十万円に相当するビットコインで売られているという。こうしたブラックマーケットは年間数千億円規模との見方もあり、
「社会が脆弱性を発見する行為を高く評価しないと、どんどん裏の世界に流れてしまう」と懸念する。


イラスト:攻撃を防ぐため外部の目を借りて脆弱性を早く修正する仕組み
この記事の続きを読む ▼

1:2014/09/10(水) 21:34:56.04 ID:

nicinico

昨今、“ゲーム実況”が国内外問わず、非常に人気を集めている。niconicoに限ったことではなく、YouTubeで年間4億円稼ぐスウェーデン人もいるそうだ。その理由のひとつは、「そもそもゲームが人気だから」と伊豫田氏は分析。niconicoではゲームに人気があり、動画再生数は全体の34%、生放送番組は全体の52%をも占めるという。

では、この“ゲーム実況”でゲーム自体の売り上げは伸ばせるのだろうか。伊豫田は「伸ばせると思っている」と回答。根拠として、ニコニコ市場の売り上げ数を挙げた。ニコニコ市場以外でゲームを購入している人も多いとの推測から、「実際はこの数字の3~5倍ほど売れていると思う」と伊豫田氏は推測する。

「実況を単なる露出として考え、有名な人にやってもらうだけでは、従来のCMの考えかたと変わらず、効果は薄い」と伊豫田氏。コミュニティー形成の核として積極的に用いるべき、と語った。

http://www.famitsu.com/news/201409/05060779.html
この記事の続きを読む ▼

1:2014/11/10(月) 21:05:13.98 ID:
遂に8TB HDD発売、HGSTのヘリウムガス採用モデルで実売7.6万円

3.5インチHDDの最大容量が8TBへと増加、ヘリウム技術採用のHGST製品「Ultrastar He8」の6Gbps SATA/8TBモデル「HUH728080ALE600」が発売された。バルク品で店頭価格は税込76,000~79,980円前後

Ultrastar He8はエンタープライズ向けの3.5インチHDDで、筐体にヘリウムを封入することでディスク回転時の空気抵抗を減らし、大容量化を図る「HelioSeal」技術が採用。これまでの3.5インチHDDの最大容量である6TBを上回る、8TBが実現されている。

 また、ヘリウム技術を採用していない6TB HDDより、23%少ない電力で使用できるという。大容量に加え、省電力により低発熱・静かな冷却システムでの運用が可能で、TCO(総所有コスト)の削減にも貢献するとしている。

 インターフェイスは、今回の6Gbps SATAモデルのほか、12Gbps SASモデルを用意。容量は両インターフェイスで8TBと6TBの2種類。

 6Gbps SATAモデルの主なスペックは、バッファ容量が128MB、ディスク回転数が7,200rpm、連続転送レートが205MB/s、消費電力がアイドル時5.1W、動作時7.4W、動作音量がアイドル時20dB、動作時36dB、本体サイズが幅101.6×奥行き147×高さ26.1mm、重量が650g。

 耐久性については、24時間/1週間の連続稼動を可能としているほか、MTBF 200万時間、ロード/アンロードサイクル60万回などを謳う。製品の保証期間は5年間。

 ちなみに、同社は既に10TB HDDも開発。HelioSealに加え、トラックの面密度を高める技術「SMR(Shingled Magnetic Recording)」を採用することで10TBを実現したもので、9月にサンプル出荷を開始したことをアナウンスしている。

 また、8TB HDDについては、Seagateも8月に特定顧客への出荷を開始したことを発表している。



http://www.hgst.com/hard-drives/enterprise-hard-drives/enterprise-sas-drives/ultrastar-he8
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/20141108_675127.html
この記事の続きを読む ▼

1:2014/11/02(日) 01:09:29.80 ID:
iPhone6

サムスンやLGは、「iPhone 6」の打撃を避けられない=中国メディア


 中国メディア・威鋒網は10月30日、韓国で10月31日に発売された米アップル社のスマートフォン「iPhone 6」「6 Plus」について、販売台数がサムスンの「Galaxy Note 4」の10倍になる見込みであると報じた。
 記事は、韓国メディアがこの2機種について同国市場で非常に良い成果を残すとみていることを紹介。同国内での第1次予約が30分で品切れ状態となり、少なくとも8万台が予約されたとし、Galaxy Note 4の予約量をはるかに上回ったと伝えた。

 また、iPhoneの販売見込み台数がGalaxy Note 4の10倍に達すると論じるアナリストもいるとし、「アップルが、長年の競争相手であるサムスンに対し、相手のホームグラウンドで大きな一撃を加えたことになる」と評した。(以下略)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2014&d=1101&f=business_1101_007.shtml
この記事の続きを読む ▼

このページのトップヘ