アイフォン速報

iPhone、Androidスマホの動向をまとめたり・・・IT、PC、ゲームなどの話題も。 iPhoneやAndroidの壁紙もあります。



スティーブ・ジョブス

1:2014/09/27(土) 20:53:35.66 ID:


iboard

2011年に亡くなったジョブスは、テクノロジーに関して本能的な才能があったが、親としてはローテクを貫き、子どもたちの電子機器の利用を厳しく制限すべきだと固く信じていた。


「私達は、子どもたちのテクノロジー機器の利用を制限しています。」と、ジョブスは2010年、我が子のハイテク機器利用時間が増えることを
心配して語った。

現代の親なら百も承知だろうが、iPhoneやiPadは子ども達にとって非常に魅力的だ。これら手のひらサイズの機器は最先端のおもちゃである。長い休暇、長いドライブの間などの親が忙しい時に、親の代わりとなって、子どもたちを喜ばせ、気晴らしをさせ、静かにさせてくれる。しかし、こうした超便利な助っ人に感謝する前に、それらの機器が子どもたちに及ぼす潜在的な害について心配すべきなのではないか?スティーブ・ジョブズはそう考えていた。今週発表されたニューヨーク・タイムズの記事で、ジャーナリストのニックビルトンは、ジョブスに彼の子どもがどのくらいiPadに夢中なのかを聞いた時の返事に驚いたことを回顧する。「子どもたちは、(iPadを)まだ使ったことがないのです。私は子どもたちのハイテク利用を制限しています。」

「私はあっけにとられ、開いた口がふさがりませんでした。ジョブスの家ともなればハイテクオタクの天国のような場所を想像していたからです。壁は巨大なタッチパネルで、食卓にはiPadが埋め込まれていて、お客さんにはチョコレートのようにiPodがプレゼントされるような。『いいや、それとは程遠いね』とジョブスは答えたのです。」

子どもがタッチスクリーンの機器で遊ぶことに関して大きな懸念を抱いているハイテク教祖はジョブスだけではない。

UCLA大学の研究者たちが最近発表した研究によると、数日間、電子機器利用を禁止しただけで、子どもたちの社交スキルがまたたくまに向上したそうだ。

http://singaporeryugaku.blogspot.jp/2014/09/iphone-ipad.html
【スティーブ・ジョブズが子どもにiPhone やiPadを使わせなかった理由】の続きを読む



1:2014/10/04(土) 20:09:49.85 ID:
imat

2011年10月5日。この日はアップルの、創業者であるスティーブ・ジョブズ氏の命日です。

今年もこの日を迎えるにあたり、ジョブズ氏を悼む形で、現アップルCEOのティム・クック氏が、従業員に向けてメッセージを送っています。

ジョブズの意志はアップルの従業員に引き継がれている

メッセージの中でクック氏は、ジョブズ氏のビジョンは彼の死後も自分たちアップルの社員とともに生き続けており、彼の影響は現在の自分たちの生産活動に影響を及ぼしていると綴っています。

そして、従業員には、ジョブズ氏が生前尽力してきた、世界をよりよくする活動について、考えて欲しいとしています。

死後もなお、世界をリードする企業、アップルの中で影響力を持ち続けているというのはすごいことです。彼の革新的な考えがなければ、現代人が享受している、スマートフォン中心の生活はなかったかもしれません。

彼の人生自体は、あまり幸福とはいえない生い立ちや、一度アップルを追いだされたことなどもあり、第三者からみると山あり谷ありでしたが、人生の中で貫いた、徹底的に製品にこだわり、世の中に美しく優れた商品を送り続ける、というジョブズ氏の考えがアップルに生き続ける限り、まだまだアップルの勢いは衰えそうにありませんね!
http://www.appgaku.com/iphone-news/2014/10/20141004017497.html
【10月5日はスティーブ・ジョブズの命日。もう4回忌…時が経つの早過ぎるだろ】の続きを読む

このページのトップヘ