アイフォン速報

iPhone、Androidスマホの動向をまとめたり・・・IT、PC、ゲームなどの話題も。 iPhoneやAndroidの壁紙もあります。



通信料

1:2014/09/27(土) 12:02:38.80 ID:
no title

2014.9.26 06:15

米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)6」と「6プラス」をめぐり、携帯電話大手3社が展開している旧端末の下取りキャンペーンによる販売競争が過熱している。

 NTTドコモが他社で契約した端末を下取りの対象としたことで、競合2社も追随。春商戦で批判を浴びた現金還元施策に取って代わる施策で、再び批判の対象となりかねない事態となっている。

 「下取り端末を中古品市場に回し、しっかりと(収益確保の)バランスを取ってやっている」

 情報通信サービスの消費者保護について、総務省が25日に開いた有識者会合。下取りキャンペーンについて質問が飛ぶと、NTTドコモの阿佐美弘恭常務執行役員は契約の見返りとして最大計4万3200円分のポイント還元を行っていることについてこう述べ、春商戦のような消耗戦には陥らないとの見方を示した。

次ページ > 「還元ポイントの分を負担している利用者がいることに変わりはない」

※2014/09/27時点で一般公開が確認出来た記事の一部を引用しました、全文は元サイトでどうぞ
SankeiBiz(サンケイビズ) http://www.sankeibiz.jp/business/news/140926/bsj1409260500001-n1.htm
【過熱する旧型iPhone下取り合戦 ポイント還元で現金還元回避…再び批判の対象に?】の続きを読む



1:2014/09/19(金) 06:51:44.26 ID:
総務省

総務省は18日、スマートフォンや携帯電話を一定期間なら解約できる新ルールを明らかにした。ただ、対象を携帯会社との通信契約にとどめ、端末代金を外した。


解約しても端末が手元に残り、代金を払わなければならない場合があるため、新たなトラブルを心配する声も出ている。

ルールは、電気通信事業法の改正案として来年の通常国会に提出される見通しだ。早ければ来年中に実施される可能性がある。

携帯大手の代理店などで買ったスマホや携帯電話をすぐ解約する場合、通常9500円の解約料を払い、端末代金の残額も支払う必要がある。
ルールでは一定期間内なら解約料なしで通信契約を解除できるようにする。ただ、端末代金は対象外。支払いが残っていれば払う必要がある。

大手が通信契約に加えて提供することが多い、留守番電話やウイルス対策といった「オプションサービス」は対象に含める方針だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140919-00000012-asahi-bus_all
【総務省 スマホや携帯を一定期間なら解約無料になる新ルール設定へ なお端末代は除外の模様w】の続きを読む

このページのトップヘ