アイフォン速報

iPhone、Androidスマホの動向をまとめたり・・・IT、PC、ゲームなどの話題も。 iPhoneやAndroidの壁紙もあります。



SAMSUNG

1:2014/11/26(水) 20:41:00.99 ID:
no title

韓国のサムスン電子が、スマホ事業の不振で役員を入れ替える見込みだと米紙が報じた。

サムスンが10月30日に発表した7~9月期決算によると、4月に発売した新しいスマートフォン「GALAXY S5」の販売不振から、売上高が前年同期に比べて20%ほども減少した。本業の儲けを示す営業利益に至っては、前年同期比で60%も減っている。

ウォール・ストリート・ジャーナルは記事で、GALAXY S5の販売は、目標を40%も下回っていたと報じた。旧モデルのGALAXY S4は、3か月で1600万台を販売したのに、S5は1200万台に留まったともいうのだ。

関係者の話として、業績回復を図るために経営陣の大幅な刷新を検討しており、モバイル部門を率いる共同CEOの申宗均(シン・ジョンギュン)氏を部門から外し、CEOも解任する公算が大きいと報じた。そして、モバイル部門の後任は、家電担当で共同CEOの尹富根(ユン・ブクン)氏になる見込みだとした。

スマホ事業が不振なのは、新興の中国勢による低価格攻勢に晒され、米アップル社が9月に発売した新しい「iPhone 6」にも押されているからだ。

中国の小米(シャオミ)は、廉価版スマホで急速にシェアを伸ばしており、7~9月期には、サムソン、アップルに次ぐ3位にまで浮上した。報道によると、OSの進歩でスペックを同等レベルにできるようになったことが大きいらしい。また、iPhone 6は、GALAXYと同じような大画面になり高価格帯でも売れるようになった。アメリカでは、7~9月期にアップルがサムソンのシェア首位を奪ったとの調査結果も報じられている。

韓国の大手紙「中央日報」によると、業績の悪化から、サムソンはモバイル部門で6000人もの人員削減を検討している。また、別のメディアでも、スマホの種類が多すぎたとして、サムスンが2015年はモデル数を2、3割減らすことを考えていると報じた。

経済アナリストの小田切尚登さんは、スマホ不振の原因についてこうみる。

「韓国は、日本に追いつけ追い越せと今まで一生懸命でしたが、中国については特別に意識していませんでした。中国からスペックが変わらないスマホが半額ぐらいで出てくれば、当然人気が出てきて押されてしまいますよ」今後の見通しについても、かなり厳しいと指摘する。
http://www.j-cast.com/s/2014/11/25221722.html
【サムスン、Appleになれずスマホ事業がボロボロ…高価格帯はAppleに、低価格帯は小米にシェアを奪われる】の続きを読む



1:2014/10/14(火) 22:01:04.85 ID:
iPhone6

アップル、韓国でiPhone6発売!韓国人、世界に誇るサムスンへの忠誠心が試される


2014年10月14日、中国のIT情報ポータルサイト・駆動之家は、米アップルが最新型スマートフォンiPhone6を10月末までに新たに売り出す国・地域に韓国が含まれたとした上で、「サムスンの足元に火がつく」と報じた。アップルは13日(米国時間)、iPhone6とiPhone6 Plusを10月末までにさらに36の国や地域で発売すると発表した。この中には韓国も含まれている。

スマホ市場で、韓国サムスン電子はアップルの最大のライバルであり、両者は市場利益のほぼ100%を占めている。だがiPhone6の登場でサムスンはアップルに後れを取る可能性がある。

業界関係者は、サムスン製スマホがiPhoneに対して持つ唯一の優位性は「大画面」だとした上で、iPhone6とiPhone6 Plusの登場でメリットは消え失せてしまったと指摘する。

韓国でiPhone6が発売されれば、数多くの「裏切り者」が争って買い求める光景を目にすることになるだろう。サムスンがお膝元で受ける打撃は極めて大きい。
http://www.recordchina.co.jp/a95693.html
【アップル、韓国でiPhone6発売!韓国人、世界に誇るサムスンへの忠誠心が試される展開にw】の続きを読む

1:2014/09/29(月) 18:13:10.03 ID:
no title

 中国メディアの騰訊科技は25日、サムスン電子がモバイル部門に所属していたソフトウェア開発者をほかの部門に移動させる決定を下したと伝えるとともに、モバイル機器向けのオペレーティングシステム(OS)「タイゼン」にかんし、「開発者の数を減らすことを意味する」との見方があると紹介した。

 記事は、サムスンのモバイル部門に所属していた約500人のソフトウェア開発者のうち、一部がテレビやインターネット、プリンターなど他の部門に移動することになったと紹介する一方、モバイル部門に残る開発者の人数については「まだはっきり分からない」と伝えた。

 続けて、サムスンがモバイル部門のソフトウェア開発者を減らす理由について、サムスンが「モノのインターネット(IoT)に向けた企業全体のソフト力を強化し、タイゼンとの相乗効果を高めるため」との声明を発表したことを紹介した。

 一方で記事は、サムスンがモバイル部門の開発者を減らすことは、「タイゼンの開発に携わる開発者の数を減らすことを意味する」との見方があると指摘した。

 現在、サムスンのスマートフォンなどに搭載されているOSはGoogleのOS「Android(アンドロイド)」だとし、サムスンはタイゼンの開発を進めているものの、タイゼン搭載のスマートフォンは今なお発売されていないと指摘した。
http://m.searchina.ne.jp/news/disp.cgi?y=2014&d=0927&f=business_0927_001.shtml
【サムスン、自社スマートフォンOSタイゼン開発者の削減を検討wwwwww】の続きを読む

1:2014/09/28(日) 20:25:25.18 ID:


no title

米アップルの最新スマートフォン「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の販売台数が3日間で1000万台を超えるなど好調を保っていることなどを受け、韓国のサムスン電子の株価が2012年7月以来の水準まで下げている。中国証券報が25日付で報じた。


 記事はアナリストの分析を引用し、サムスンにとってもっとも重要な事業であるスマートフォン事業が中国企業およびアップルによる「挟み撃ち」を受け、極めて厳しい状況にあると指摘、「サムスンが今後、イノベーティブで競争力のある新商品を打ち出せなければ現在の苦しい状況を抜け出すことは難しい」との見方を示した。

 さらに「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の販売台数が3日間で1000万台を超えたことは、「大画面スマートフォン市場において築いてきたサムスンの優位性が希薄化することを意味する」と指摘。

 さらにブルームバーグの報道を引用し、サムスンの14年第3四半期の営業利益は第2四半期よりさらに12%減少する見込みだと伝えた。また、サムスングループのサムスン証券はスマートフォンの販売低迷のほか、半導体事業の損失拡大によって営業利益は17.5%減になると予測していると紹介した。

 ほかにも記事は、大手証券会社によるサムスンのスマートフォン事業に対する悲観的な分析を伝える一方で、「サムスンはすでにスマートフォン事業への過度な依存を軽減するため、ウェアラブル端末事業などの強化を行っている」と伝えた。
http://news.infoseek.co.jp/article/searchina_1544470
【サムスンのスマホ事業が苦戦w…Appleほどのブランド力も中国企業ほどのコスト力も持たず中途半端に陥った模様w】の続きを読む

このページのトップヘ