アイフォン速報

iPhone、Androidスマホの動向をまとめたり・・・IT、PC、ゲームなどの話題も。 iPhoneやAndroidの壁紙もあります。



Xperia

1:2014/09/15(月) 21:40:23.87 ID:
miku

自分にあった方を使えばいいんじゃないかな。

だけどGALAXYは糞
使ってる奴は情弱
【iPhoneとXperiaでよく争ってるけどさ、自分にあった方を使えばいいんじゃないかな。 だけどGALAX(ry】の続きを読む



1:2014/12/02(火) 18:18:58.48 ID:
Xperia Z3 Compact

11月最終週の携帯売り上げランキング iPhone勢が6位まで独占!Xperia Z3 Compactは大幅に落ち込み7位!


1位 STAY(前週1位)
アップルiPhone 6 64GB(SoftBank)

2位 STAY(前週3位)
アップル iPhone 6 64GB(au)

3位 UP(前週4位)
アップル iPhone 6 16GB(SoftBank)

4位 UP(前週6位)
アップル iPhone 6 16GB(au)

5位 UP(前週9位)
アップル iPhone 5s 16GB(SoftBank)

6位 UP(前週10位)
アップル iPhone 6 Plus 64GB(SoftBank)

7位 DOWN(前週2位)
ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia Z3 Compact SO-02G

8位 UP(前週7位)
アップル iPhone 6 64GB(NTT docomo)

9位 UP(前週13位)
京セラ GRATINA KYY06

10位 UP(前週8位)
ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia Z3 SOL26
http://bcnranking.jp/category/subcategory_0010.html
【11月最終週の携帯売り上げランキング iPhone勢が6位まで独占!Xperia Z3 Compactは大幅に落ち込み7位!】の続きを読む

1:2014/12/02(火) 21:05:16.78 ID:
sony

ソニー、NTTドコモ、任天堂。いずれも日本を代表する企業だが、スマートフォン(スマホ)戦略に手こずり、2014年度中間連結決算(4-9月)では不振に泣いた。

中国勢の安値攻勢に沈むソニー
ウォークマン、ハンディカム、VAIO(バイオ)などかつて世界市場を席巻した「ソニーブランド」。しかし、最近では社内からも「何を作っている会社なのか分からない」との声が聞こえてくる。ソニーの業績の足を強く引っ張っているのは、同社が再生に向けた中核事業と位置付けていたスマホ事業の予想以上の失速だ。特に高性能機ではなく、中国や南米など新興国の普及価格帯機市場で、韓国勢に加え中国勢などにシェアを奪われている。小米科技(北京市)など中国メーカーが台頭し、今年4-6月期の販売は前年同期を割り込んだ。15年3月期の販売計画も7月に5000万台から4300万台に下方修正。その後、さらに4100万台に引き下げた。最終利益は500億円の赤字から2300億円の赤字へと一気に膨れ上がり、1958年の東京証券取引所上場以来、初の無配も決まった。

新料金体系の誤算で3位に転落したドコモ
かつて日本国内携帯電話市場で50%を超える圧倒的シェアを誇っていたNTTドコモ。しかし、最近の凋落ぶりは無残だ。ドコモの今期決算は、2割営業減益となる見込みだ。ドコモは10月31日、第2四半期決算と併せて、15年3月期の連結業績予想も公表。営業利益は前期比23.1%減の6300億円と予想。期初に見込んでいた7500億円を1200億円も下回った。営業利益で初めて通信3社の最下位になった。通信業界の巨人・ドコモにとって悪夢だ。不振の原因は、今年6月に同社が先陣を切ってスタートさせた「新料金プラン」。これがユーザーの動向を完全に見誤り、裏目に出た。

旧来型ビジネスモデルに固執する任天堂
今やスマホからゲームをダウンロードして楽しむソーシャルゲーム(オンラインゲーム)全盛の時代。しかし、任天堂は「ゲーム機本体(ハード)とゲームソフトを一体で開発するビジネスは今後も経営の中核」(岩田聡社長)として、独自路線を貫いているからだ。独自路線は良しとして、市場から見放されては、いくら王者でも生きていけない。家庭用ゲーム機が押され気味なのは同社の業績にも表れている。09年3月期に過去最高益を記録した業績は12年3月期から3期連続で連結営業赤字に沈没した。とりわけ13年3月期は本業のもうけを示す営業損益が464億円の赤字と前期の364億円の赤字から拡大した。据え置き型ゲーム機「Wii U」の販売が落ち込んだことが響いた。
http://www.nippon.com/ja/behind/l00078/
【“スマホ”に負けて決算ボロボロのソニー、ドコモ、任天堂…2015年はそれぞれどこへ向かうのか】の続きを読む

1:2014/10/31(金) 21:36:41.01 ID:
tim

【国内スマホシェア】Appleが6割近くを占め、断トツトップ…2位はシャープ、3位ソニー

MM 総研は 10 月 30 日、2014 年度 4 ~ 9 月の国内における携帯電話の出荷台数に関する調査結果を発表しました。同社の調査によると、この期間の携帯電話全体の出荷台数は前年同期比 4.1% 減の 1,578 万台で、同社の調査史上、過去最低記録を下回る結果となりました。また、スマートフォンの出荷台数は前年同期比 13,7% 減の 1,050 万台。スマートフォン率も前年同期比 7.4 ポイント減の 66.5% に下がっています。メーカー別シェアでは、Apple がシェア 38.1% となる 601 万台を出荷してトップをキープ。2 位はシャープ、3 位は京セラ、4 位は富士通、5 位はSony Mobile
という結果でした。また、スマートフォンに絞った場合のメーカー別シェアは、Apple が 57.2% でトップをキープ。続いて、2 位はシャープ、3 位は Sony Mobile、4 位以下はその他入りです。意外にもシャープが Sony Mobile を抜いていますね。IGZO スマートフォンや EDGEST スマートフォンが好調なのでしょうか。Apple が 57,2% だとすると Android は過半数を割ったことになります。
http://getnews.jp/archives/691538
【【国内スマホシェア】Appleが6割近くを占め、断トツトップ…2位はシャープ、3位ソニー】の続きを読む

1:2014/10/22(水) 18:49:23.19 ID:

xperia

ソニー、低価格帯スマホ市場から撤退。


 ソニーはスマートフォン事業の世界戦略を抜本的に見直す方針を固めた。

 中国や中南米など新興国で、低価格帯の機種の販売から撤退し、日米欧で高価格の機種を重点的に投入することで収益の回復を目指す。 スマホ戦略の転換の成否は、業績不振が続くソニーの経営再建の行方を左右しそうだ。

 ソニーがスマホの販売計画を見直すのは今年に入って2度目となる。ソニーは日本勢では唯一、世界市場でスマホ事業を展開、約60か国・地域で端末を販売している。今年5月には、中国や中南米で1万~2万円前後の機種を投入し、世界で2014年度に5000万台を販売する計画だった。

 しかし、価格が安い中国メーカーの急成長で販売が低迷し、今年7月に目標を4300万台に下げた。今回は販売目標をさらに数百万台引き下げる。世界販売台数は4000万台を割り込む可能性もある。
http://www.yomiuri.co.jp/it/20141022-OYT1T50011.html
【【悲報】ソニー、低価格帯スマホ市場から撤退へ。元々国内では売ってなかったけどね・・・】の続きを読む

1:2014/10/14(火) 21:20:27.35 ID:
Xperia Z3 SOL26

KDDIは14日、「Xperia Z3 SOL26」と「GALAXY Note Edge SCL24」の価格を発表した。「Xperia Z3 SOL26」は10月下旬、「GALAXY Note Edge SCL24」は23日に発売される。

 auオンラインショップで価格が明らかにされたもので、一括購入価格は「Xperia Z3 SOL26」が79,920円、「GALAXY Note Edge SCL24」が91,800円(いずれも税込)。

 「Xperia Z3 SOL26」は、「毎月割」で月額1,980円割り引かれ、24回分を引いた実質価格は32,400円。MNPの場合はさらに「誰でも割」を適用することで実質0円となる。

 「GALAXY Note Edge SCL24」は「毎月割」が1,890円適用。24回分を引いた実質価格は46,440円。MNPの場合は「誰でも割」を適用して実質24,840円となる。
http://www.rbbtoday.com/article/2014/10/14/124394.html
【au「Xperia Z3:79,920円、GALAXY Note Edge:91,800円」・・・ボッタくり価格を発表】の続きを読む

1:2014/10/01(水) 12:38:33.70 ID:

ソフトバンクモバイルは、ソニーモバイル製のAndroidスマートフォン「Xperia Z3」を11月下旬以降に発売する。10月2日からは予約受付を開始する。


一括価格は6万9120円(税抜、以下同)。割賦では1カ月あたり2880円となり、MNPの場合、月月割が割賦の額と同じで、実質0円。新規契約・機種変更では月月割が1600円で、実質負担額が1カ月あたり1280円(計3万720円)となる。
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20141001_669260.html


 
【ソフトバンクからひっそり「Xperia Z3」発表・・・実質3万円。そろそろ、実質とかいう表記はやめてほしいよな?】の続きを読む

1:2014/09/25(木) 21:44:39.20 ID:
iphone6_xperia

日本では低学歴ほどiPhoneを使ってる気がする(周りの観測結果

高学歴だとiPhoneもAndroidも両方いるんだけど低学歴はほぼiPhoneばっかり。

最近家建てたんだけど職人さんはほぼ全員iPhoneだった。

http://buzz.news.yahoo.co.jp/article/61823abc45017d65cc96fefd479791e7349989c8/
【低学歴=iPhone 高学歴=XperiaなどAndroid】の続きを読む

1:2014/08/17(日) 12:50:19.17 ID:
sayumi

男性の第一印象はその人のスマホが影響する
 
  先日、とある流通関係の会社に勤める20代女性マミさん(仮名)と話しをしたところ、初対面の男性と出会った時に実はスマートフォンの機種をチェックしているというのです。
スマホがビジネスマンの欠かせないアイテムとして生活の一部になっている昨今では、スマホの機種だけで男性の性格の一端が想像できるということ。
 スマホの機種が男性の第一印象に影響するという話がマミさんと盛り上がったので、まとめてみました。自分では気に入っているスマホも実は女性にはこう見られているかも。

●iPhoneを持っている男性:可もなく不可もなく
日本ではスマホユーザーの半数以上がiPhone。iPhoneを選ぶ男性は大きく2つに分けられるとのこと。AppleファンであったりMacユーザーであったりこだわってiPhoneを使用している人と、まわりが持っているため「なんとなく良さそうだな」とiPhoneを使っている人。つまり、iPhoneユーザーは人ごとに特性がブレるため、iPhoneを持っているからといって「この人デキそう」、反対に「ちょっとダメそう」という印象の決定打にはならないということです。いかんせん持っている人の数自体が多いので、とりあえず可もなく不可もなくといった印象になるというわけです。
●ファブレットを持っている男性:扱いにくそう  
●小さめスマホを持っている男性:粗○ンかつ草食系かも
●SIMフリースマホを持っている男性:変わった人 
●2つ以上スマホを持っている人:浮気性
厳しい印象ばかりですね。マミさんの男性を見る目が厳しいのかもしれません。それではと、反対に男性の第一印象がグッと良くなるスマホの機種はどれか尋ねてみました。
●Xperia Z2を持っている人:デキる人
マミさんのイチオシはXperiaのフラグシップモデル『Xperia Z2』ということでした。性能はもとより、
ガラスの高品質感がグッとくるとのことです。カラーを順位づけると1番はパープル、次にブラックが良いということでした。

いかがだったでしょうか。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140816-00000002-asciiplus-sci
【【朗報?】女にウケるスマホが、ついに判明!iPhone完敗!ソニーXPERIA圧勝!【ステマ?】】の続きを読む

このページのトップヘ