アイフォン速報

iPhone、Androidスマホの動向をまとめたり・・・IT、PC、ゲームなどの話題も。 iPhoneやAndroidの壁紙もあります。



docomo

1:2014/12/02(火) 21:05:16.78 ID:
sony

ソニー、NTTドコモ、任天堂。いずれも日本を代表する企業だが、スマートフォン(スマホ)戦略に手こずり、2014年度中間連結決算(4-9月)では不振に泣いた。

中国勢の安値攻勢に沈むソニー
ウォークマン、ハンディカム、VAIO(バイオ)などかつて世界市場を席巻した「ソニーブランド」。しかし、最近では社内からも「何を作っている会社なのか分からない」との声が聞こえてくる。ソニーの業績の足を強く引っ張っているのは、同社が再生に向けた中核事業と位置付けていたスマホ事業の予想以上の失速だ。特に高性能機ではなく、中国や南米など新興国の普及価格帯機市場で、韓国勢に加え中国勢などにシェアを奪われている。小米科技(北京市)など中国メーカーが台頭し、今年4-6月期の販売は前年同期を割り込んだ。15年3月期の販売計画も7月に5000万台から4300万台に下方修正。その後、さらに4100万台に引き下げた。最終利益は500億円の赤字から2300億円の赤字へと一気に膨れ上がり、1958年の東京証券取引所上場以来、初の無配も決まった。

新料金体系の誤算で3位に転落したドコモ
かつて日本国内携帯電話市場で50%を超える圧倒的シェアを誇っていたNTTドコモ。しかし、最近の凋落ぶりは無残だ。ドコモの今期決算は、2割営業減益となる見込みだ。ドコモは10月31日、第2四半期決算と併せて、15年3月期の連結業績予想も公表。営業利益は前期比23.1%減の6300億円と予想。期初に見込んでいた7500億円を1200億円も下回った。営業利益で初めて通信3社の最下位になった。通信業界の巨人・ドコモにとって悪夢だ。不振の原因は、今年6月に同社が先陣を切ってスタートさせた「新料金プラン」。これがユーザーの動向を完全に見誤り、裏目に出た。

旧来型ビジネスモデルに固執する任天堂
今やスマホからゲームをダウンロードして楽しむソーシャルゲーム(オンラインゲーム)全盛の時代。しかし、任天堂は「ゲーム機本体(ハード)とゲームソフトを一体で開発するビジネスは今後も経営の中核」(岩田聡社長)として、独自路線を貫いているからだ。独自路線は良しとして、市場から見放されては、いくら王者でも生きていけない。家庭用ゲーム機が押され気味なのは同社の業績にも表れている。09年3月期に過去最高益を記録した業績は12年3月期から3期連続で連結営業赤字に沈没した。とりわけ13年3月期は本業のもうけを示す営業損益が464億円の赤字と前期の364億円の赤字から拡大した。据え置き型ゲーム機「Wii U」の販売が落ち込んだことが響いた。
http://www.nippon.com/ja/behind/l00078/
【“スマホ”に負けて決算ボロボロのソニー、ドコモ、任天堂…2015年はそれぞれどこへ向かうのか】の続きを読む



1:2014/10/28(火) 11:14:07.77 ID:
docomo_samsung

NTTドコモ営業益3位転落、今期の減益幅2割に拡大


 NTTドコモの2015年3月期の連結業績(米国会計基準)は、営業利益が6500億円前後に減少し、上場以来初めて携帯大手3位に転落する見通しだ。音声通話が定額になる新しい料金制度を導入した後、高額利用...

http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXLASGD27H33_27102014MM8000
ドコモ営業益、3位転落 15年3月期、減益幅2割に拡大
【NTTドコモ営業益3位転落、今期の減益幅2割に拡大。カケホーダイ強制が原因?】の続きを読む

1:2014/10/22(水) 21:22:19.68 ID:
rika

ソフトバンク優勢は変わらず 1位と3位の差はじわじわ拡大


「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」を合わせた10月18日までの累計でのキャリア別販売台数シェアは、ソフトバンク45.6%、au32.9%、ドコモ21.5%。順位は、発売3日後の9月21日、発売10日後の9月28日、発売17日後の10月5日までの時点と変わらず、発売第1週にシェア4割超で1位を獲得したソフトバンクが、そのまま累計キャリア別シェアトップの座を維持している。しかも、ソフトバンクの累計シェアが微増する一方で、ドコモの累計シェアは低下したために、両者の差は当初の18.1ポイントから24.1ポイントへと拡大した。

内訳は、4.7インチの「iPhone 6」が82.3%、5.5インチの「iPhone 6 Plus」が17.7%。発売直後からずっと、およそ4対1という比率は変わっていない。

発売30日後までの累計販売台数は前年の約1.4倍 ただしドコモは伸び悩む

 10月18日時点で、日本で最も多く売れたスマートフォンは、2013年9月発売の「iPhone 5s」。二番目は、2012年9月発売の「iPhone 5」で、10月4日に逆転されるまではこちらがNo.1だった。「iPhone 6」の初速は、その「iPhone 5s」を上回っている。今のところ過去最高の水準だ。

 今年発売の「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」と、昨年発売の「iPhone 5s」「iPhone 5c」の同期間の累計販売台数の合計を比較すると、前年同期比は136.3%で、前年の約1.4倍に拡大した。しかし、キャリアごとに集計すると、ソフトバンクとauは前年同期比150%以上と大幅に伸びているのに対し、ドコモは前年以下の85.5%にとどまっている。
 
 伸び悩みの要因は、機種変更時時に、事実上、従来プランから新料金プランに移行せざるを得ないこと、au/ソフトバンクとは違い、「iPhone 6/6 Plus」から新たに対応したTD-LTEに対応しないので、ネットワーク関連のアピールが弱いことなどが挙げられる。特に、既存ユーザーの一部から大きな不満の声が上がっている”新料金プランの強制”の影響は大きいだろう。
http://bcnranking.jp/news/1410/141020_29129.html

【【発売1ヶ月iPhone販売シェア】禿:45.6%、庭:32.9%、茸:21.5%…茸はカケホーダイ強制の影響で販売低迷。お前らも、リカちゃん電話くらいしかかけないだろ?】の続きを読む

1:2014/10/03(金) 19:31:37.15 ID:

docomodake

iPhone6、他社は売り切れ続出なのにドコモダケ売れない理由


 9月下旬の休日。都内の家電量販店は多くの客で賑わっていた。1階のスマートフォン売り場にいる大半の客のお目当ては「iPhone6」。多くの客でごった返す中、なぜかひとつポッカリと空間が空いていた。ソフトバンクとauは購入希望者が列をなしているが、NTTドコモの列には1人も並んでいないのだ。

 近くに立つiPhone6の「在庫状況」を示す看板は、ドコモの欄だけ「在庫あります」の文字で埋め尽くされていた。一方ソフトバンクとauは売り切れが目立つ。いくつかの家電量販店を回ったが“ドコモ”似たような状況だった。

 iPhone6は9月19日の発売開始から、わずか3日間で全世界1000万台を売り上げ、まずは好調な滑り出しとなった。にもかかわらず、なぜドコモだけ「余っている」のだろうか。店員に聞くと、1日で「ソフトバンクとauは約200台、ドコモは約140台売れた」というから、入荷が多いために余ったわけではなさそうだ。

 スマホ評論家の新田ヒカル氏がこう解説する。

「料金プランの問題でしょう。iPhone6を購入すると、ドコモでは『カケホーダイ』という通話定額サービスに入らなければならない。その分、他社に比べて基本料金が高くなるケースが多いので、通話が少ない人に敬遠される傾向にあります」

 具体的には次のようになる。

●au、ソフトバンク/月額6434円(7ギガバイトまでの高速データ通信込み。別途30秒あたり20円の通話料)

●ドコモ/月額8000円(5ギガバイトまでの高速データ通信込み。通話無料)

 あまり通話せずネット接続が中心の人にとっては、ソフトバンクやauのほうが月額約1600円安く済む。
http://www.news-postseven.com/archives/20140929_278928.html
【iPhone6、他社は売り切れ続出なのにドコモダケ売れない理由】の続きを読む

1:2014/10/11(土) 20:17:26.26 ID:

SC-04F


全体
順位 前回 機種名
1 1 iPhone 6 64GB(ソフトバンク)
2 7 iPhone 6 16GB(ソフトバンク)
3 4 iPhone 6 64GB(ドコモ)
4 3 iPhone 6 64GB(au)
5 2 iPhone 6 128GB(ソフトバンク)
6 6 iPhone 6 128GB(au)
7 5 iPhone 5s 16GB(au)
8 8 iPhone 6 16GB(au)
9 10 iPhone 5s 16GB(ソフトバンク)
10 9 iPhone 6 16GB(ドコモ)

NTTドコモ
順位 前回 機種名
1 1 iPhone 6 64GB(ドコモ)
2 2 iPhone 6 16GB(ドコモ)
3 4 iPhone 6 128GB(ドコモ)
4 3 iPhone 6 Plus 64GB(ドコモ)
5 6 ARROWS NX F-01F
6 10 GALAXY S5 SC-04F
7 7 iPhone 5s 16GB(ドコモ)
8 9 P-01F
9 5 iPhone 6 Plus 128GB(ドコモ)
10 8 AQUOS PHONE ZETA SH-01F

http://m.k-tai.watch.impress.co.jp/docs/ranking/gfk/20141010_670377.html

 あいかわらず、各社とも全体的にiPhone 6が圧倒的に強いですが、docomoに限って言えば、一括0円で購入できて、さらに月サポという、お得感が売り上げに貢献したのでしょうか・・・。しかしバラマキもいいとこですなぁ。

 ガラケーのパナソニックP-01Fが8位と健闘。各キャリアともパケ代で利益の大きいスマホ押し一辺倒ですが、通話やEメールなどの用途に特化すればガラケーの利便性は高いので、ニーズはかなりあるはず。無理な注文だとは思いますが、もっと力を入れてほしいところです。
【【携帯販売ランキング】1位~10位iPhone…ドコモは投げ売り状態のGalaxyS5のランクが急上昇!】の続きを読む

1:2014/09/30(火) 18:58:23.60 ID:

ドコモ、子供向けの腕時計型ウェアラブル・ドコッチ発表!3G通信や迷子検知機能など


 ドコモいわく「子どもはもっと自由になってもいい」をコンセプトの元、NTTドコモは子供向けウェアラブル端末「ドコッチ 01」を発表した。子供の活動状況・保護者のスマートフォンへの通知機能など

 「ドコッチ 01」は1.3インチの有機ELディスプレイを採用。3Gデータ通信とBluetooth LE通信に対応する腕時計型ウェアラブル(スマートウォッチ)です。

子供向けにジャイロセンサー・温湿度センサーを内蔵。子供の「走る・歩く・座る・外す」をデータ化して活動状況を保護者が知る事が出来る。

これらセンサー機能は、夏場の熱中症などに役立てるものともなり、子供の活発な日々に対応するIP55クラスの「防水防塵」に対応。

専用アプリとのBluetooth通信で、保護者から一定の距離を離れた場合、スマートフォンに通知する「迷子検知機能」や子供の現在地を通知する「イマドコサーチ」が利用できます。

また、定型文を送受信できるSMS機能も搭載。これら機能は月額200円で利用でき、ウェアラブル端末「ドコッチ 01」は2015年3月の発売を予定している。なお、製品の製造は中国・Huawei(ファーウェイ)が行なっています。
http://www.at-weblog.com/2014/09/Children-toward-wearable-Dokotchi-Announced.Such-as-lost-or-features-3G.html

 
【AppleWatchに追いつけ!ドコモがスマートウォッチ「ドコッチ01」を発表、子供の行動を常時監視…なお製造は中国Huaweiの模様w】の続きを読む

1:2014/10/01(水) 19:55:59.84 ID:
docomodake

NTT ドコモの会員サービスを利用するためのアカウント「docomo ID」に外部から不正なログインがあった。同社が9月29日に確認し、30日付けで明らかにした。被害に遭ったアカウント数は6,072件。個人情報が流出した恐れがある。

ドコモによると、不正ログインの発生期間は9月27日11時30分から29日8時25分まで。他社サービスなどから不正に入手したユーザーの ID やパスワードを流用した「パスワードリスト攻撃」によるものだとしている。

今回の不正ログインで流出した恐れのある情報はユーザーの携帯電話番号、氏名、自宅住所、自宅の固定電話番号、生年月日、口座情報、「DCMX」ブランドのクレジットカード利用履歴、携帯電話サービスの契約内容(料金プラン、付加サービス契約状況など)。

ドコモでは、不正ログインを確認したアカウントについてパスワードを変更しなければ利用できないように対策を施し、被害に遭ったユーザーに個別に連絡をとっている。

また同社は再発防止のためのセキュリティ強化に取り組むとする一方、ユーザーに向けてパスワードの使いまわしをしよいよう呼びかけ、合わせて2段階認証の導入も促している。
http://news.ameba.jp/20141001-343/
【【速報】ドコモID、6072件が流出…携帯番号、氏名、住所、 自宅固定番号、生年月日、口座情報などが流出】の続きを読む

1:2014/09/22(月) 21:31:37.76 ID:
sonmasayoshi

「BCNランキング」によると、9月21日までの「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」を合わせたキャリア別販売台数シェアは、ソフトバンクモバイル42.9%、au32.2%、ドコモ24.9%。国内初代モデルの「iPhone 3G」からずっとiPhoneを取り扱ってきた「老舗」のソフトバンクが全体の4割強を占め、1年のうち最もiPhoneに対する注目度が高い「発売直後3日間=発売第1週」のシェア争いを制した。

「iPhone 4S」「iPhone 5」「iPhone 5s/5c」も、発売第1週は、それぞれ新機種に限るとソフトバンクがキャリア別シェアトップだった。初めて主要3キャリアすべてが取り扱うことになった「iPhone 5s/5c」では、ソフトバンク44.7%、ドコモ27.8%、au27.5%と、ドコモとauがほぼ同率で並んでいたが、今年はドコモだけが低い。

 ソフトバンクは、下取りと引換えに、最大3万2400円割り引き、通常より少ない負担で機種変更できる「タダで機種変更キャンペーン」を展開。MNPだけではなく、既存ユーザーにも還元する姿勢を打ち出した。最も安い「iPhone 6」の16GBモデルなら、MNP同様、実質負担額は0円となり、さらに通信料金から1万7800円を割り引く。MNP向けには、他社の携帯電話を下取り、通信料金から最大5万4000円を割り引く「のりかえ下取りプログラム」、通信料金割引などの特典をプレゼントする「のりかえ割」を実施。「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」をあわせて4割というシェアを獲得した要因の一つとして、長年ソフトバンクのiPhoneを使用してきたユーザーの多さに加え、こうしたキャンペーンも挙げられるだろう。
http://bcnranking.jp/news/1409/140922_28925.html
【iPhone6/6+販売シェア、1位禿42.9%、2位庭32.2%、3位茸24.9%…茸はカケホーダイ強制で爆死した模様www】の続きを読む

1:2014/09/22(月) 23:41:50.31 ID:

NTTドコモは、iPhone、iPad向けに提供している「ドコモメール」において新着メールの自動受信機能の提供を9月24日午前10時に開始する。

対応環境は、iOS 8またはiOS 7のiPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 5s、iPhone 5c、iPad Air、iPad mini Retina ディスプレイモデル。


 ドコモのiPhone、iPadでドコモメールを受信する際、これまではメールがメールサーバーに届くと全画面で受信を知らせ、メール本文の取得はあくまで定期受信または手動受信を行う方式だった。今回、提供される「自動受信機能」を設定すると、メールがメールサーバーに届いた際に、端末が自動的にメールを取得し、バナーもしくはダイアログに表示されるようになる。

 自動受信機能が提供されても、これまでの方式のまま利用することも可能。

 自動受信機能は、iPhone、iPad本体における「データの取得方法」の設定を変更することで利用できる。9月23日以前にiPhone/iPadを購入した場合のみ、設定を変更する前に「iPhone初期設定/iPad初期設定」プロファイルを再インストールする必要がある。24日以降購入の場合は、初期設定時に、自動受信機能の設定が可能なプロファイルを取り込むため、改めてインストールする必要はない。詳細な設定方法はドコモのWebサイトで24日以降に案内されるとのこと。

 なお、ドコモメールの前身となるspモードメールを利用している場合、自動受信を設定するとドコモメールに移行される。

http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20140922_667902.html
【明日10時!iPhoneのドコモメールが自動受信に対応!さすがドコモは仕事が速いと話題に!】の続きを読む

1:2014/09/20(土) 22:38:41.55 ID:

docomo

Q:ドコモは3社で唯一、新料金に一本化した形で勝負を挑む、その意図は?

A: 新規受付停止し、新料金とした。新料金プランをよくみていただくと、長く使うとお得、という意味で長くお付き合いいただきたいというのがベースにある。若い方や家族シェアの仕方、繰り越しなど、多角的な面を持っている。こう言うと語弊があるかもしれないが、家族単位で自由に設計できる側面があります。マルチデバイス対応など多角的な面を複雑と言う方もいるが、意外に簡単。うまく活用いただきたい。
http://japanese.engadget.com/2014/09/18/iphone-6-volte/
【ドコモでiPhone6機種変時、カケホーダイにしないと月サポを受けられないと言われた。酷すぎやしないか】の続きを読む

このページのトップヘ