アイフォン速報

iPhone、Androidスマホの動向をまとめたり・・・IT、PC、ゲームなどの話題も。 iPhoneやAndroidの壁紙もあります。



iPad

1:2014/11/02(日) 20:29:26.03 ID:
iPad Air 2、CPU・GPU性能でMacBook Airを上回る

厚さ6.1ミリ、現時点で世界最薄タブレットである「iPad Air 2」。筆者もその薄さと、Touch IDに惹かれて購入したが、良い意味でサプライズがあった。A8Xプロセッサのパフォーマンスだ。A7(iPad Air、iPhone 5s)に対してA8(iPhone 6/ 6 Plus)が際立った伸びではなかったため、A8Xにそれほど大きな期待をしていなかったのだが、単純にGeekbench 3のスコアを比べたら2011年頃のMacBook Airに比肩するものだった。

発表会での説明によると、A8Xは約30億個のトランジスタを搭載する。その時は比較がなかったためほとんど話題にならなかったが、iPhone 6のA8プロセッサのトランジスタは約20億個である。10億個の差が何に使われているのか。Geekbench 3のシステム情報によると、A8Xは「クロック動作:1.51GHz」で「3コア」だ。A8やiPad Airが搭載するA7は2コアである。

■Geekbench 3
A7(iPad Air) A8X(iPad Air 2) MacBook Air 11" 2011(Core i5-2467M)
シングルコアスコア 1425 1815 1887
マルチコアスコア 2574 4515 3531
シングルコアスコアも伸びているが、マルチコアスコアの伸びが圧倒的だ。
Geekbench 3によると、iPad Air 2はL2キャッシュが2MB、RAMは2GBだ (iPad AirはL2キャッシュ:1MB、RAM: 1GB)。
パフォーマンスの違いを生み出す基本スペックが向上している。
GPUについても、3D FuturemarkのスコアはA7(iPad Air)の15120に対して、A8X(iPad Air 2)は21778だった。
http://news.mynavi.jp/articles/2014/11/02/ipad_air2_review/
【驚愕!iPad Air 2、CPU・GPU性能でMacBook Airを上回る!】の続きを読む



1:2014/10/17(金) 15:54:02.02 ID:
◆6.1ミリに薄型化した「iPad Air 2」発表――新色ゴールド、A8X、Touch IDを採用

米Appleは10月16日(現地時間)、iOS 8搭載の9.7型タブレット「iPad Air 2」を発表した。10月17日に予約を開始し、来週末に出荷する予定だ。日本でも10月18日に受注を開始する。

写真:iPad Air 2の画像
ipadair2



ラインアップと価格は、Wi-Fiモデルの16Gバイトが499ドル(5万3800円)、64Gバイトが599ドル(6万4800円)、128Gバイトが699ドル(7万5800円)で、Wi-Fi+Cellularモデルの16Gバイトが629ドル(6万7800円)、64Gバイトが729ドル(7万8800円)、128Gバイトが829ドル(8万9800円)だ。32Gバイトモデルは提供しない。 従来のiPad Airは399ドル(4万2800円)に値下げして併売する(日本円での価格はすべて税別)。

7.5ミリ厚だった初代iPad Airから18%薄型化し、6.1ミリ厚の世界最薄ボディを実現した9.7型タブレット。2枚重ねても初代iPad(13.4ミリ厚)より薄い。

本体サイズは169.5(幅)×240(高さ)×6.1(奥行き)ミリ、重量はWi-Fiモデルで約437グラム、Wi-Fi+Cellularモデルで約444グラムだ。 それぞれ初代iPad Airから32グラム、34グラム軽くなっている。幅と高さは従来通り。ボディカラーは新色のゴールドを追加し、シルバー、スペースグレーも含めた計3色となった。

Retinaディスプレイについては、従来機は表面のカバーガラス、タッチセンサー、液晶パネルモジュールの3層で液晶ディスプレイを構成していたが、これらを1つに統合して空気層を省いたフルラミネーションディスプレイ仕様(いわゆるオプティカルボンディング)とした。

薄型化しつつ、内部で光の反射を抑え、発色やコントラストを高め、タッチ操作時の視差も削減している。表面には低反射コートも採用し、従来比で56%反射を抑えた。9.7型で2048×1536ピクセル(画素密度264ppi)表示というスペックは従来通りだ。

プロセッサは第2世代64ビットアーキテクチャの「A8X」を搭載。iPad Airに採用したA7と比較して、CPUが40%、GPUが2.5倍高速という。
加速度センサー、デジタルコンパス、3軸ジャイロスコープ、そして新規採用の気圧計から収集されるデータを継続的に測定する「M8」モーションコプロセッサも備えている。ボディはホームボタンに指紋センサー「Touch ID」を搭載し、Apple Payもサポート(アプリ内のオンラインショッピングに対応/店舗での決済には非対応)。IEEE802.11a/b/g/n/ac(MIMO)の高速無線LAN、Bluetooth 4.0を装備する。Wi-Fi+Cellularモデルは最大150Mbps/20バンド対応のLTE、GPSも備える。Lightningコネクタ、3.5ミリステレオのヘッドフォン出力、ステレオスピーカー、デュアルマイクも搭載する。

背面には800万画素のiSightカメラ(F2.4)を装備。3264×2448ピクセルの写真、1080pのフルHD動画、高感度パノラマ、バーストモード、タイムラプスビデオ、120fpsのスローモーション、タイマーモードといった撮影に対応した。前面にはセンサーを一新して81%明るくなり、顔検出も強化したFaceTime HDカメラ(F2.2)を内蔵し、バーストモードの自分撮り、写真と動画の自動HDR撮影が可能だ。内蔵バッテリーの容量は27.3ワットアワー。
バッテリー駆動時間は、Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生で最大10時間だ。初代iPad Airの32.4ワットアワーから
バッテリー容量は減ったが、ボディを薄型軽量化しつつ、従来と同じバッテリー駆動時間を維持している。

ITmedia PC USER 2014年10月17日(金)3時18分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141017-00000007-zdn_pc-sci
【6.1ミリに薄型化した新製品「iPad AIR 2」発表】の続きを読む

1:2014/10/17(金) 18:16:37.49 ID:
iPad Air

iPad Air:42,800円、iPad mini 2:31,800円にそれぞれ値下げ


 【クパチーノ(米カリフォルニア州)=越前谷知子】米アップルは16日、タブレット型多機能情報端末「iPad(アイパッド)」の新型モデル「iPad Air(アイパッド・エア)2」を日本や欧米、中国などで発売すると発表した。

 日本では18日から予約を受け付け、来週後半に発売する。

 指紋認証機能を初めて搭載。軽く触れるだけでロック状態が解除されたり、簡単に決済したり出来る。画面サイズは9・7インチ型で、厚さは6・1ミリと前モデルから1・4ミリ薄くなり、同じサイズのタブレット型端末では最も薄いという。重さは約437グラム。

 カメラ機能ではスローモーション動画などの機能を加えた。価格は5万3800円から。ゴールドを含む3色をそろえた。前モデルも4万2800円に値下げして販売を続ける。

 7・9インチ型の「iPad mini(アイパッド・ミニ)3」も発売する。価格は4万2800円から。
http://www.yomiuri.co.jp/it/20141017-OYT1T50004.html

http://store.apple.com/jp/ipad/compare
【【朗報】iPad Airを42,800円、iPad mini 2を31,800円にそれぞれ値下げ!!】の続きを読む

1:2014/08/27(水) 22:26:41.60 ID:
no title

                 現行モデルの10インチ「Apple iPad Air」


米アップル(Apple)が2015年に12.9インチの大型iPadを発表すると、米メディアが報じている。早ければ製造は2015年第1四半期に開始されるとしている。

同社は来月、新型iPhoneを発売するとも噂されており、今後の注目を集めているところだ。

http://www.rbbtoday.com/article/2014/08/27/122791.html
【【巨大化】Appleが2015年に12.9インチの大型iPad発表か?】の続きを読む

1:2014/08/13(水) 22:19:36.48 ID:
ipad
 
Bloombergが情報筋の話として伝えたところによると、アップル(Apple)の外注先であるOEMメーカーで新しいiPadの生産が開始されたという。

生産が始まったのは「iPad」の後継機種で、第3四半期中もしくは第4四半期初めに発表される見込みとされているが、新たに太陽光の下でも見やすい反射防止コーティングが画面に付加される可能性があり、この歩留まり次第では供給量が限られることもあり得るとされている。また「iPad mini」の後継機種もまもなく生産が始まる予定で、年末までには市場に投入されるという話も記されている。
http://wirelesswire.jp/Watching_World/201408131508.html
【ついに新型iPadの生産始まる!続いて新型iPad miniも!】の続きを読む

このページのトップヘ